FC2ブログ
ダーツライブ名 p(^^)q ヨッスィ-!!です。 大阪のサラリーマン・子持ち・体重100K ダーツァーです!! 見かけたら一声掛けてくださいねー!!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日、ショックな事件がありました。

6歳の長男が、アゲハ蝶を卵から育て、今朝羽化しました。
幼虫のころには、みかんの葉や山椒の葉をえさにあげ、世話をして数ヶ月。
やっと成虫に育ちました。

「蝶になったので、逃がしてあげよっ」
と言っても最初は、息子は「いやだ!育てる!」といって、目に涙。

「でもせっかく飛べるようになったのに、かごの中じゃかわいそうでしょ」
と説得し、なんとか夕方逃がしてやる決心をしました。
妻と一緒に外へ出て行き、かごから出しても、なかなか蝶は息子の手から離れません。

「なついてて、逃げない」と息子は笑いながら私にも見せてくれました。

「さよなら言って逃がしてあげておいで」と送り出し、数十秒後。

息子は、大泣き。妻も目に涙を浮かべて帰ってきました。

蝶を逃がしてやっただけなのに少し大げさだな?なんか変?

詳しく聞いてみると、息子が蝶にさよならを言って、手を振って蝶を放したその瞬間。

目の前で鳥が蝶を捕まえ、飛び去って言ったそうです。。。。。そっそんな!!!
かける言葉が・・・・

少し泣いた後、息子と、鳥も虫を食べないと生きていけない話。ヒナを育ててるかもしれない話。あおむしも君が育ててあげなかったら、幼虫のうちに食べられていたかも知れない話。アゲハ蝶も、自分の力で外を飛べたことを感謝してるはず、たった数メートルではあったけれど・・・・などなど。

息子は先ほど時折目に涙を浮かべながら、眠りました。

しかし、ショックな事件だったなぁ。。。

スポンサーサイト

【2007/04/29 22:22】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。